脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

脱サラしてジュエラーとなったアラサー女子の記録

16日目:ボックスチャーム完成+WAXスタート

今日から12月です!

キリよくmetalの課題が終わり

本日よりWAXという技法を学びます。

 

WAXって?後半でご説明しますね!

 

まずはボックスチャームの仕上げから。

 

ふたパーツに

フタになる板をロウ付け。

ロウ付けする際にガタガタしないよう

一工夫。

長い板の余り部分の両端を1mm削っておき

削ったあとの幅に合わせて

フタの板に穴を開けます。

すると固定したいところでつっかかってくれます。

f:id:sinkypooh:20161202110713j:image

 

余分な部分を削って磨けば完成!

キューブには溝をほって

爪がひっかかって開けやすいようになっています。

f:id:sinkypooh:20161202110921j:image

フタをとるとこんな感じ

f:id:sinkypooh:20161202111006j:image

カチャカチャ楽しいです。

 

以上でmetalが完了!

metal=メタルとは

金属をそのまま加工する技術のこと。

 

次にやるWAX=ワックスは

金属の代わりに蝋燭?のロウで

原型をつくる技法です。

金属より扱いやすいため

力の弱い女性でも楽に

複雑なデザインをつくることができます。

歴史が長いのはもちろんmetalで

metalにこだわる職人さんもいらっしゃいますが、

昨今のジュエリー業界ではWAXが主流です。

※このブログの説明がわかりやすかったので

   より詳しく知りたい方はこちらに

 

ではさっそく、

超基礎のドームリングからスタートです!

 

紫ようかんのような、

チューブワックスを必要幅にカット

糸ノコの糸もワックス用にチェンジです。

f:id:sinkypooh:20161202112748j:image

 

ワックス専用のヤスリで削ります。

メタルと比べて簡単に削れてしまうので

やり過ぎないか心配になりますね。

蝋のくずがボロボロ溜まって楽しいです。

f:id:sinkypooh:20161202114129j:image

 

真ん中の穴はもとから空いています。

その穴を自分の好みのサイズに

カッター付きのサイザーでぐりぐり削ります。

 

f:id:sinkypooh:20161202114157j:image

 

コンパス(Divider)で

目印をつけていきます。

f:id:sinkypooh:20161202114415j:image

 

まずは下半分を斜めに

f:id:sinkypooh:20161202114501j:image

 

天面を4等分し端の2つをいったん斜めに

f:id:sinkypooh:20161202114617j:image

 

斜めにしてからなだらかに削ることで

左右均等にしやすくなります

f:id:sinkypooh:20161202114711j:image

 

同じ要領でどこからみても

左右均等になるよう削ります

f:id:sinkypooh:20161202114816j:image

 

表面がスムーズになるよう削るのに

コツがいるので練習が必要ですが、

慣れたらとても楽しくなりそう?

いっぱい作りたくなっちゃいます!