脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録 ただいまロンドンにてワーホリ中!

NYクリエイティブ留学で英語に超苦戦中 それでも非ネイティブで良かったと思う理由

ジュエリーの専門学校が始まって

1ヶ月が経ちました。

ですが、ネイティブの先生の言葉は

未だ3割くらいしか聴き取れません。

 

ニューヨーカーの英語は、

早口・スラング・ワードコネクション

非ネイティブには全然優しくない要素だらけです。

※ワードコネクションとは

複数の単語をつなげて発音する話し方

(例)What I=ワダイ ×ワット アイ

   put it in=プディティン ×プット イット イン

 

授業は実技ばかりで

お手本を目で見ればわかるので

言葉がわからずともどうにかなっていますが

座学の授業だったらついていけなかったでしょう。

 

授業だけでなく、日常会話も

1対1ならペースを合わせてくれるので

どうにかなりますが

集団の中に入るとついていけません。

 

言葉の習得って

覚悟はしていたけどやっぱり大変、

というか習得できる日が本当に来るのかな!?

てか習得って何!?どこがゴール!??

という心境です。

 

それでも、非ネイティブに生まれて

当たりだったと思います。

それはなぜか。

 

私のクラスメートは

総勢15名ほどいるのですが

半数がアメリカ人、

残りがその他=非ネイティブです。

 

非ネイティブと一口に言っても

南米(スペイン語圏+ポルトガル語圏)、

ヨーロッパ(フランス語)、

アジア(中国語、台湾語、日本語)と

母国語は様々ですが、

 

皆、英語難しいという

共通の悩みを抱えているのです。

スペイン語やフランス語なんて

英語とそんな変わらないんじゃないの!?

と思っていましたが、

全然違うらしいんですね。

 

苦労を共にする

それは人と仲良くなるのに、

もっとも効果的な状況です。

 

昨日もベネズエラ(スペイン語圏)出身の女性と

「アメリカ人、言葉つなげまくるから

 何言ってるかわからないよね!」と

ランチタイムに盛り上がりました。

 

逆にネイティブは、

言葉がわからない、

という状況を経験していないので

相手にかまわず超速で話しがち、

どうしてもわかりあえないところが

あるように思います。

(もちろん気遣いができる人はいますが!)

 

世界で英語ネイティブって

どんくらいの割合なのかなと思ったら

どうやら5.5%くらいみたいです。

少なっ

こちらを参考にさせていただきました↓

blog.etn.co.jp

 

つまり、非ネイティブの方が、

より多くの人と仲良くなれる

ポテンシャルがあるのです!

 

この1ヶ月、アメリカ英語、

ニューヨーク英語に

慣れなきゃと焦ってましたが

あんまり迎合するのも良くないな、

世界とのコミュニケーションを考えたら

美しい英語がやっぱり一番だなと

思い直しました。

 

非ネイティブ、万歳!