脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録 ただいまロンドンにてワーホリ中!

ニューヨークに語学留学しないほうがいい理由

みなさんこんにちわ、綾野です。

 

ニューヨークには

多くの日本人留学生がいますが、

語学留学はオススメしません。

とにかくもったいないのです。

 

その理由を詳しくご説明します!

 

目次

 

理由1:費用対効果が悪い

 

ニューヨークは存在するだけでお金がかかります。

ちょっと食事しただけでチップも入れると

2千円越えはあたりまえ。

家賃も東京の5割増といった感じ。

(今の家賃、東京なら港区でワンルーム住めます涙)

 

遠いから渡航費も高い。

語学学校の費用は変わらずとも

生活費が全然違うのです。

 

英語を身につけたいだけなら

もっと費用対効果の高い場所がたくさんあります。

TOEICの点数を上げたいなら

それこそ今流行りのフィリピン/セブで十分です!!

 

※セブ留学のリアルが詰まっている体験記はこちら

 

理由2:訛りがひどい

 

とにかく移民が多いNY、

貧乏語学留学生活では、

ネイティブより移民との接触が多いです。

 

結果、南米訛り、アジア訛りなど

ネイティブではない英語に

触れる機会が多くなります。

日本人が身につけたい

英語とはちょっと違うでしょう。

 

加えてニューヨーカーの話し方も

日本でいうと関西弁のようなクセの強いもの。

イギリス人にニューヨーク訛りで話すと

嫌な顔をされることもあるとか。

 

同じアメリカでもLAあたりの方が

ノーマルな英語らしいです。

 

綺麗な英語を身につけたいなら

他のエリアがオススメです。

 

理由3:自分が何者か語れないと薄っぺらい体験で終わってしまう

 

ニューヨークにはとにかく、

いろんな人種、バックグラウンドの人が集まっています。

 

初めてあう、

日本のことをよく知らない人に対して

「自分は何者か」、説明できないと、

人間関係をつくることは難しいです。

 

日本人相手ならば、〇〇出身です、

〇〇学校を卒業しました、

〇〇に勤めています、というと

良くも悪くもだいたいどんな人か

想像してもらえますが

 

こちらでは固有名詞が一切通用しないため、

「私は何がしたいんです。」

「私は何ができるんです。」

言えなければダメ。

よくわからない人で終わってしまいます。

 

ただ「英語を学びにきました」では

忘れ去られてしまって終わり。

現地の人と関係がつくれなければ

旅行と変わらない表面的なNYを体験して終了です。

 

ですが、自分にやりたいことがあれば

いろんなことを教えてもらえますし、

いろんな扉が開いていきます。

結果ディープな体験ができます。

 

高いお金を払ってくるからには

ニューヨークのメリットを活用しまくるべき。

それには、英語以外の

自分のやりたいこと、が必須です。

 

ニューヨークに来ている日本人も

やりたいことがあって来ている人ばかり。

かなりのツワモノ揃いです。

 

※ニューヨークにいる日本人は、

以下の3カテゴリーに分けられます。

 1、商社や金融の超エリート

 (MBAにいく人もここに入る)

2、期間限定ローカル採用の社会人

 (こちらで起業している人も!)

3、夢を追いかけているアーティスト

 

彼らと渡り合うのにも

『自分は〇〇をしにここにきた』と

言える自分でいることが大事です。

 

 

結論

高いお金を払って

ニューヨークに留学するなら

語学以外の目的を持つべし

英語をやりたいなら

フィリピン・セブで十分!

 

冷たくて温かい、

コンクリージャンゴーの写真で

今日もお別れです

f:id:sinkypooh:20170117045926j:plain