脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録

FIT准教授のジュエリースタジオに通いはじめました

先週から毎週火曜の午後、

FITの准教授のスタジオで

てほどきをうけることにしました!

 

Chie先生

I’m a professor of Jewelry Design... - Asians in New York | Facebook

 

今通っているstudio jewelersの校長に

どうしてもこちらに通いたいとお願いし、

午後抜ける分、ナイトコースに

戻ってくる、ということで

OKをもらいました。

 

留学残り2ヶ月と思うと

できること全部やらなきゃ

という気持ちです。。。

時間経つの早いなぁ

 

こちらのスタジオを見つけた

経緯なのですが、ミーハーな私は

PERSONSやFITといった

ファッション有名校の

授業をうけてみたくて

各校の社会人向けクラスの

情報収集をしていました。

 

取り寄せたカタログたち

f:id:sinkypooh:20170407133750j:image

 

FITの社会人向けコースサイト

Center for Continuing and Professional Studies | Fashion Institute of Technology

 

Personsの社会人向けコースサイト

Continuing Education | Parsons School of Design

 

学生でなくてもうけられる

夜間や週末のコースがあるんですよ!

さすが成長に貪欲な国、アメリカ。

 

でも、大学のカタログって

専門用語が多くてちんぷんかんぷん

 

例えば

 

Non-degree:学位取得を目的としない

 

Certificate Program:サーティフィケート・プログラム=資格や免状を取るためのコース

Continuing:生涯学習

 

Credit:単位※Unitともいう

 

Non-credit:単位が取れない授業

 

In-state:州内在住者

Out-of-state:州外在住者

※FITは公立なので税金を州に

収めているかどうかで

授業料が大きく違う。

TBA(=to be announced):未発表

 

などなど。

 

そもそもこれ私も受けられる授業なの?

とか

私が必要としてる内容かな?

とか

結局総額いくらかかるの?

とか

 

ひとつひとつ格闘していって

  

やっと、これだ!と

FITのジュエリーデザインの授業を第一候補に。

 

申し込み方法がさっぱりわからず

実際に学校にいって窓口に相談、

たらい回しにされながらも笑、どうにか

 

FITのSTUDENT IDを作るところまで

こぎつけたのですが

IDつくるだけで50ドル!ひゃー)

※申し込み方法

Register Now | Fashion Institute of Technology

 

IDが発行されると見ることができる

生徒向けのページで

希望のクラスを申し込もうと検索しても

 

出てこない・・・!Why?

 

 

 

電話で問い合わせると

なんと休講になっていたのです。

 

説明会でこれうけれる?って

直接担当の人に聞いたのに〜!

まぁ海外あるあるですよね〜!

 

こんなに調べて。。。

50ドルも払って。。。と

途方にくれながら画面を見つめていたら

 

 

クラスの担当教授の名前、

日本人だ・・・!

 

しかもメールアドレスが書いてある。

 

これはワンチャン、

学部生向けの授業に

忍び込んだりできるかも、

メールを送ってみよう、と思い立ち

 

できればお名前を

正しい漢字で書きたいから

『先生のお名前+FIT+教授』で

ググってみたところ

 

アトリエでレッスンやっとる!

www.chiestudio29.com

 

これならFITの授業の半額で

しかも少人数で授業がうけられる!

 

ということで、さっそく電話し、

見学のうえ、

こちらに行くことに決めました。

 

先生はコンテンポラリージュエリー

(現代アート的な爆発的なやつ笑  

別日に改めて紹介しますね)を

メインに教えていらっしゃり、

今までの人生で縁遠かった

アートという新たな扉を

開いてくださってます。

 

また、日本でのキャリアも長いため

日本基準の細やかな作り方

教えてくださり

(初回2回は超基本のドームリングを

 完璧につくることで終わりました。。。)

f:id:sinkypooh:20170407141437j:image

 

※ちなみに赤銅(しゃくどう)

四分一(しぶいち)といった

日本の伝統的な彫金技術にも造詣が深いです!!

こちらも教えていただきたかったですが

そんなに甘くありませんでした。。。

 

何よりFITというファッションの最高峰で

2千人の生徒を見てきた生徒に対する審美眼

お持ちなので

(そのうちジュエリーで

ご飯が食べられているのは

10%適度らしいです。。。狭き門や。)

 

がっつり鍛えていただいてます!!

 

 

こちらで学んだことも

随時みなさんにお伝えできればなと思います。

 

いやージュエリーの学びに終わりなし!!

一生勉強したいものに出逢えて幸せです❤️