脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録 ただいまロンドンにてワーホリ中!

4月16日はイースター:ジュエリー界でイースターを語るのにはずせない『ファベルジェ』って??

みなさん、こんにちわ綾野です。

 

ニューヨークも桜が咲いております🌸

 

春めいて参りました。

 

春のイベントといえばイースター!

お店ではイースター向けのグッズが並んでいます。

色がパステルでかわいいんです。

 

 

さて、本題。

 

ジュエリー界でイースターと言えば

ファベルジェのイースターエッグ

なのです。

メロトポリタン美術館に展示されている

凄技の作品たちをご紹介!

 

f:id:sinkypooh:20170409063956j:image

 

Fabergé ファベルジェさんとは何者?

ピーター・カール・ファベルジェさんは

ロシアの宝石商なのですが

ときの権力者に寵愛され、彼らのオーダーで

技巧が尽くされたイースターエッグをたくさんつくった

ことで有名です。

f:id:sinkypooh:20170409064200j:image

こんなの。

 

多くは故郷ロシアの美術館に展示されているそうですが

メトロポリタン美術館にも限定で展示されています。

 

f:id:sinkypooh:20170409064321j:image

 

こうやって有名な作品を
ちょっと見にいこーっといけるのが
ニューヨークやパリのすごいとこだな。

 

まぁ、そうですね、感想はですね、

 

ぱねぇ

 

の一言ですね。

 

例えばこのピンクのイースターエッグ。

 

f:id:sinkypooh:20170409064936j:image

 

中にミニ屏風が

入るようになっているのですが

f:id:sinkypooh:20170409064948j:image

 

ひとつひとつの絵がやばい

f:id:sinkypooh:20170409065007j:image

 

外側のピンクはエナメルです。

わたしが散々失敗したやつ笑

こんな綺麗につくりたい!!

 

これなんて!ベースの彫りの細やかなこと!

f:id:sinkypooh:20170409065227j:image

 

ロシアは寒くてお花への憧れが強いらしく

ここまでやるか?という

リアルなお花もたくさん作ってます

 

f:id:sinkypooh:20170409065316j:image

f:id:sinkypooh:20170409065324j:image

f:id:sinkypooh:20170409065340j:image

 

ここまで寄せるなら

もう本物飾ったほうが早いんじゃ。。。笑

 

ちなみにファベルジェさんは

全部自分で作っているのではなくて

プロデューサー的なポジション

腕のよい職人たちを束ねていたそう。

ひとことジュエラーといっても

色んなタイプがいますね〜!

 

現在はFabergéの名前でジュエリーブランドが続いています。

とっても素敵なのでぜひ〜!

www.faberge.com

 

今日はファベルジェさんのご紹介でした!

名前ググってもらえれば

もっとすごいイースターエッグが

たくさんでてくるのでおためしあれ!