脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録

『向き・不向き』論に関して、ニューヨーク留学を経て思うこと

こんにちわ、綾野です。

 

ニューヨークは雨がふったり

ピーカン晴れだったり

変わりやすいお天気。

 

 

※雨のニューヨーク

f:id:sinkypooh:20170514115258j:image

 

とりあえずまだ腹痛が続いているので

ベッドで安静にするなか、

近頃つらつら考えていたことを

書きたいと思います。

 

それは

『向き・不向き』に関して。

 

『私には向いてない。』

『お前には向いてないからやめとけ。』

 

よくあることだと思うんですが、

 

こんなに非生産的な考えってないなぁって、

最近、強く思うんです。

 

この発想が、今の日本の停滞を

生み出している、といいたいくらい。

 

今日はちょっとそんな話を

書かせてください。

 

 

 

向き・不向きに関して書きたくなった理由

 

 

なんでいきなり?と思われると思うのですが

ちょっとしたきっかけがありまして。

 

前職(広告系)に勤めていたころ、

男性の先輩から

 

この業界は男性向きだ。

    得意先の要望に応えるために

    長時間労働にならざるを得ないから。』

 

と、面と向かって言われたことがあるんです。

 

そのときは、まるで

 

『向いてない仕事に

   世の中に騙されてついた、

   バカで可哀想なやつ。』

 

と言われている気がして

ショック&カチンときて

(私も余裕がないですねー。わはは。)

 

『確かに体力面では男性が有利かも知れないけれど、

   世間のお財布を握っているのは女性で、

   女性に刺さる企画をたてられるのは女性!』

 

みたいな浅いことを

鬼のように笑  反論した記憶があります。

 

で、です。先日、似たようなやりとりが

友人の身にも起こった、

という話を聞きまして。

 

自分が言われた時のことが

フラッシュバックしたのですが、

あの頃と違う、

もう少し本質に迫った反論が

頭に生まれて、

 

あーあのとき、こう言えばよかったな、

なんで思いつかなかったんだろ、

 

せっかく思いついたのに

もったいないから

 

 

これはもう書くしかない

 

と思い笑

筆ならぬキーボードをとっております。

 

留学で、思考にも

いろんな変化が起こってるんだなぁ

と、改めて感じました。

 

 

※この男性は、女性は能力が低い、

と、いいたいんではなくて、

女性にあった他の仕事について

幸せになれよ、という

思いやりからの発言ですのであしからず。

※たったひとりの発言であり、

全員が全員、そうではないので

こちらもあしからず!

 

 

『向いてないからやめろ。』に対しての今の私の答え

 

それは

 

『向いてる、向いてないって

   そんなに大事ですか?』

 

です。

 

それより

 

『やりたい、やりたくないのほうが

大事じゃないですか?』

 

 

って思うんです。

 

 

そもそもオトコオンナうんぬんの前に

個人で考えた時に

 

わたし、100%、

この仕事に向いてます!!

 

って言える人って

めったにいないんじゃないかなぁ。

 

私自身、今までやってきた広告の仕事も、

今やっているジュエリーも、

向いてるか向いてないかで言ったら

 

全然向いてない

 

って思うんですね。

 

それでも、迷いながらも

やりたいっていう気持ちで

かじりついて、

その仕事にあった自分に

なっていくんだと思うんです。

 

 

不向きなこと、

でもやりたいことに、

しがみついて成長していくのって

人生の醍醐味のひとつ。

 

変わる幅が大きいほど、

自分のやった感も高いし、

人を感動させることもできると思うんですよね。

 

不向きな人だからこその発想もあるだろうし、

 

自分が変わるだけじゃなくて

周囲を変えることもできるかもしれないし。

 

とにかくやるってことに

すんごい可能性があると思うんです。

 

不向きな人が取り組むデメリットって

最初はしんどい、とか

センスないから儲からない、とか

まぁあるとは思うんですが

 

そんなことより、

 

やりたいことに

向き合うことでうまれる可能性

 

のほうが大事なんじゃないかって。

 

例え、男性と比較して

体力面で劣っても、

女性たちの『やりたい!』という気持ちを

ないがしろにしないで欲しい、

と切に願います。

 

 

ほかにもいいたいことは色々あれど

 

先輩の一言への反論として、

体力以外に必要な能力を考慮してない、とか

いやいや働き手が足りなくて国が女性活用って言ってる中で何言ってんすか?とか

同じレイヤーで言い返すこともできます。

 

でも、それじゃ、

聞き入れてもらえないだろうな、と思って。

 

どんな話し方をすれば

向こうに響くのか、

というのをつらつら考えて

出した言葉がこれでした。

 

みなさんだったらどう答えますか?

ぜひきかせて欲しいです。