脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録

イギリス ワーホリ当たりました!のご報告

こんにちわ、綾野です。

 

日本に帰ってきてから3週間が経ちました。

いまは派遣のお仕事をみつけて、

ゼロ(というかもはやマイナス)になってしまった、

お金を埋め合わせする日々です。笑

 

さてはて!ご報告があります。

 

なんと

 

イギリスのワーホリ

当たりました❤️

 

イギリスワーホリって人気で

抽選に当たらねば申請できず、

確率は1/10とも言われてるんです。

 

2017年は1月と7月の2回、

抽選が行われるですが、1月分に

『まぁ当たらんやろけど』くらいの

軽い気持ちで応募したら

届いたメールは当選でした。

本当に驚きました。

 

f:id:sinkypooh:20170624152624j:image

 

ちょうど、ニューヨーク滞在3ヶ月目で、

海外で職を得ることのハードルの高さを実感していたころでした。

 

渡航前は

『インターンみつけて、頑張ったら

   そのまま労働ビザ発行してくれるかも!』

なんて甘い考えを持っていましたが

 

現実、宝飾業界の不況と

トランプ政権のダブルパンチで

即戦力でもない外国人に

労働ビザを発行してくれるような

余裕のある企業には、

よっぽど運がない限り出逢えない、

ということを知りました。

 

10年前と今は違う。

過去、そういうフローで成功した人がいても

今は状況が変わっているから

現実見なきゃな、

卒業後どうしよう、と悩んでいました。

 

そんなときに当選したので

これで次が見えた!

海外で働ける切符をもらった!

と嬉しかった反面、

 

こんなに勝手なことばかり

してていいのかな?

 

という考えが頭をもたげました。

 

イギリスワーホリは最長で2年滞在できます。

帰るころには33歳目前。

みんなが必死で

仕事で成果をあげていく年代に

好き勝手なことばっかりして

 

もう日本でまともな職には

戻れないかも

 

なんてことも考えました。

 

でも、クラスメートに当選したこと、

どうしようか悩んでる、という話をしたら

 

『え、行くでしょ!?』

 

と逆にびっくりされて笑

ふっきれたというか、

その一言がとても背中を押してくれたというか

 

あーそうか、

なんかもう、

神様がいけっつってるな

流れのってこう

 

と思えたんです。

 

言った本人は

まさかそんな影響力があったとは

思ってないと思うんですけど、

 

意外な人の意外な一言が

人生に影響を与えることってありますよね。

 

※セブでジュエラーになると、

決めたときのエピソードはこちら

 

いまイギリス大丈夫?

って心配してくれる人もいるんですが

人間どこにいたって

死ぬときは死ぬかなって。笑

日本にいたって

いつ車にひかれるかわかんないし、

地震が起きるかわかんないし、

ストレスでガンになるかも

わかんないじゃないですか。

そのへんのリスクは

ある程度の先進国なら

どこ行っても一緒だと思うんですよね。

それならときめくほうに行きたいなって。

 

それに『危ない危ない』って言われた

セブもニューヨークも

全然危なくなかった。住めば都。

 

30歳、年齢制限ギリギリでいく

ギーホリ

ってやつです🤣

ギリギリでいつも生きていたいから〜

 

ということで、

なんとか木曜に、いろいろ書類を揃えて

ビザ申請を済ませました。

(このへんのHow toはまた今度)

 

どうか、申請が無事おりて

ビザが発行されるよう

皆様も祈ってくださいませ!!

 

f:id:sinkypooh:20170624153507j:image