脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録 ただいまロンドンにてワーホリ中!

『わかる』と『できる』の距離が遠いものに惹かれるんです

こんばんわ、綾野です。

 

今、通勤・通スタジオに

片道1時間半ほどかかるんです💦

 

移動中はブログを書いたり

情報収集と言う名のネットサーフィンしたり

自分のインスタ見てニヤニヤしたり

してるのですが←キモい

 

 

ぼーっと考え事をするのも、好きです。

 

 

今日の帰り道に

今日やった作業のことをぼーっと思い返してたら

ちょっといい考えが浮かんだので

このブログを読んでくださってる方に

伝えたいなぁと思って書きます。

 

 

いまつくっているジュエリーは

石留めの真っ最中。

 

f:id:sinkypooh:20170921225121j:image

 

まぁこれが、なかなか前に進まないんです。

特に四角い石を留めるのが。。。

 

ジュエリーづくりって

理屈は超シンプルなんですよ。

 

やすりをまっすぐ動かせばまっすぐ削れる

金属をまん丸い芯金に巻きつければ丸くなる

 

爪留めなんて

爪にくの字の溝を彫って

ピタッと石を挟むだけ。

f:id:sinkypooh:20170921233846j:image

 

理解するのは簡単なんです。

 

でもやろうとしたらできない。

 

思うように綺麗に削れなかったり

爪が思わぬ方向に曲がったり

 

石留め中は

『うぉっ💢』みたいな瞬間いっぱいあります笑

 

『わかる。』と『できる。』の間には

長い長ーい道、

高い高ーい壁があるんです。

 

もうこれは、数こなすしか、道はないんです。

何年も何年もかかる道です。

 

でもね

 

『わかる』と『できる』の距離が

遠ければ遠いほど

 

たどり着きた時、そのスキルは

あなただけの武器になると思うんです。

 

 

情報が誰でも簡単に手に入る時代。

『わかる。』『知っている。』には

もうあまり意味がないです。

Youtubeで検索すれば

石留めの動画もたくさんみつかりますし、

お金さえ払えば誰でも彫金学校にいけます。

 

でも、作り方を知っている人が皆

ジュエリーを作れるか、というと答えはNo。

 

『わかる。』を

『できる。』まで

鍛え上げた人だけが

いいジュエリーを作れるんです。

 

 

ですが『わかる。』ことのハードルが下がったためか、

そこで勘違いして、できる気になってしまう人がほとんど。

 

本当に『できる。』までやる人って

少ない気がします。

 

 『わかる。』から『できる。』までが

遠ければ遠いほど

たどり着ける人はレア。

 

希少価値の高い人材となれ

結果やりたいことで食べていく、という

目標に一歩近づく。

 

 

だから、向き合うことが難しければ難しいほど

『あ、いま私、

ジュエリー界のホウオウ(レアポケモン)に

一歩近づいてる?』

なんて笑

モチベーションが湧いてきちゃうんです。

 

 

もし、やりたいことがあって

でも壁にぶつかっている人がいたとしたら、それは

『自分以外の半端なやつを

ふるい落としてくれる、ありがたい存在だ!

(もちろん自分はその先に行く。)』

くらいの気持ちで乗り越えてみるのは

いかがでしょうか??☺️

 

才能がなくても

天才にはなれなくても

努力すれば

プロにはなれる。

 

 

『わかる。』から『できる。』へ。

明日もまた一歩、距離を詰める!