脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録

将来を考えるときに"もったいない"のは自分の可能性だけだから

こんにちわ、綾野です。

 

携帯を水没させちゃって笑

しばらくネットから離れておりました。

 

10月ですね。

いよいよ出発まで1ヶ月を切りました!!

 

いまは友人がオーダーしてくれた

ジュエリーを作りながら

日本にいる友達と会いまくる日々です。

 

f:id:sinkypooh:20171003081729j:image

 

その中で、大学の友人から印象的な質問をうけました。

 

『夢を追っててすごいねー

でも、学歴やキャリアを捨てることを

もったいないと言われなかった?』

 

確かに、このテのことを言う人がいるのも事実です。

 

でも私は思います。

 

学歴やキャリアより

自分の中にある可能性を捨てる方が

よほどもったいない

って。

 

大学や会社が、自分の全てではないじゃないですか。

もちろん、組織から、

たくさんのものをいただきましたし、

所属愛は強いタイプです。

 

でも、それ以外にも、生きている中で

自分の人生を決めるに値する経験や想いはたくさんあるはず。

 

そして、美しいものに感動したり

傷ついた人をいたわったり、、、

学歴やキャリアをつくっているときには使わなかった

可能性を、人はたくさん持っているはずなんです

 

もう終わったことに固執して

新しいことを『やりたい!』と思う

可能性の芽を摘んでしまうのは

たくさんの可能性に溢れたはずの

自分をいちばん冒涜していると思うんです。

 

 

それに、過去に勝ち得たものの価値って

時代によって変わってしまうんですよね。

 

例えば私の高校は、当時その学区では

1番偏差値が高かったのです。

その学校を卒業した=頭のいい人、と認識してもらえました。

 

ですが、学区が再編成され、

他の学区と統合されると、

利便性の高い他学区の学校がトップ校になり

わたしの卒業校は3位くらいになってしまったそう。

 

つまり、若い人たちの間では

その高校を出た人はもはや『3位の人』なんです。

 

卒業校に固執した生き方をしてしまっていたら

世間の評価は1位から3位に

自動的に落ちてしまっていたわけです。

 

こんな不確かなもの、ありますか?笑

 

常に世の中での価値はアップデートされているから

学校名や会社名なんて

自分ではコントロールできないものに依存するのではなく

そのときにあったスキルを身につけていくべき。

変化の激しい"今"は、特に。

 

芸は身を助く!

 

https://www.instagram.com/p/BZwz47dA0RR/

19th Magic Hour: Bicolor #sapphire 

 

写真は昨日新宿のミネラルショーで見つけた

バイカラーのサファイアです。

 

めっちゃマジックアワー!😭

 

こんなサファイアがあるなんて。。。

また新しい発見!ハピネス!

動きまくれば人生は感動の連続です。