脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録 ただいまロンドンにてワーホリ中!

七宝の達人に学んで七宝愛を再確認@愛媛

こんにちわ、綾野です。

 

このブログを続けて読んで下さっている方は、

覚えていますでしょうか?

 

NY時代、私がエナメル

色んな意味でハマっていたことを、、、笑

 

そのリベンジもかねて(?)

この3日間、愛媛にて

がっつり習ってまいりました!!

 

 

われわれ世代ではエナメルって

ツルツルした加工(靴なんかで多い)のイメージが強くて

あんまり高級な印象がないのですか、

 

本来のエナメルは日本では七宝とよばれ
金工の表面技法の一種であり

立派な伝統工芸なのです。

 

七宝の語源は、日本でお宝とされた

金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、硨磲(しゃこ)、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)」を

表現できる技だから、とのこと。(諸説あり)

 

名前に負けず、本当にすごい七宝は

宝石をはめたかのように美しいのです。

 

今回教えて下さったのは

藝大の工芸出身で、

世界的に有名な七宝作家の飯尾京子先生。

http://www.kyokoiio.com/

 

先生のすごい作品たちをご紹介!

f:id:sinkypooh:20171017205908j:image

 

これ、水彩画じゃないですよ笑

私が一色ベタッとするのにも

手こずっていたエナメルで全部描いてるんです!

 

f:id:sinkypooh:20171017210017j:image

f:id:sinkypooh:20171017210136j:image

 

すごすぎるやろー

 

先生の足元のさらに地面の奥深くにも及びませんが

色々教えていただいて、

NY時代の失敗の理由もわかって

かなり有意義な3日間でした、、、!

 

 

ということで有線七宝のつくりかたをご紹介!

 

事前準備として土台をつくって持参します。

 

私はワックスから

f:id:sinkypooh:20171017210401j:image

キャストしましたが

f:id:sinkypooh:20171017210457j:image

このやり方だと、金属な気泡がはいって

七宝を焼くときに影響が出ちゃうから

あまりよろしくないそう。

地金から作るのがベストとのこと。

 

先生のこちらの作品たちは

土台は鍛金で作られてます。

f:id:sinkypooh:20171017222518j:image

f:id:sinkypooh:20171018020739j:image

 

一枚の銅板をひたすらたたいて

この形にするって、、、半端ない!💦

さすがすぎます。

 

ここから先生の工房にて。

自宅隣接の工房。いいなぁ〜

f:id:sinkypooh:20171017222604j:image

 

まず裏側に色を載せます。

これをしておくと、表が割れづらくなります。

f:id:sinkypooh:20171017222739j:image

 

次に銀線で枠をつくり、焼き付けます。

 f:id:sinkypooh:20171017222644j:image

何ができるかなー🎵

 

次に色を入れます

釉薬たくさん!嬉しい🎵

f:id:sinkypooh:20171017222853j:image

 

一回目を焼く前

f:id:sinkypooh:20171017222926j:image

焼いた後!

f:id:sinkypooh:20171017223001j:image

これをもう一回!

焼き上がりがこちら。

f:id:sinkypooh:20171017223107j:image

 

これで完成ではありません。

表面を磨いてつるつるにします。

f:id:sinkypooh:20171017223144j:image

砥石や炭などあらゆるもので何度も磨いてピカピカに、、、

 

仕上がったのがこちら!

f:id:sinkypooh:20171017230311j:image

 

スノードームの完成です❤️

 

 

学べば学ぶほど、

もっとこうしたい、ああしたいがでてくる七宝。。。

小悪魔やなぁ笑

 

 

合間で花びらも作りました⭐︎

かわいくできたっ

https://www.instagram.com/p/BaVCIPaAoVc/

Petal

 

これはまだパーツ状態なので

何を作ろうかワクワク中〜!⭐︎

 

 

教えていただいてる合間に

世界のエナメル事情など

いろいろお話しいただき、

イギリスに行くのがまた楽しみになりました。

 

今回は、いま通っている銀座の工房で知り合った

ジュエリーデザイナーの女性に連れて行っていただいたのです!

出逢いに感謝感謝です、、、⭐︎

 

 

『〇〇を通じて、世界とつながる。』

 

って、結構使い回された言葉で

きいてもピンときていませんでしたが、

いまは

 

『ジュエリーを通じて、世界とつながる。』

 

という、実感がすごくあります。

 

ジュエリーという共通言語のおかげで、

普通に生きていたらつながらなかったであろう人々と、

出逢い、関係性を築いていく。

その過程で新たな自分にも出逢う。

 

一つの道を極めようとすることは

自分や世界とつながることなんだ、と

気づいた旅でした。