脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録 ただいまロンドンにてワーホリ中!

セントマ・ジュエリーデザインショートコース(7日目)コンセプトをジュエリーに落とし込む

こんにちわ、綾野です。

 

セントマ授業も残すところあと4回!

早いなぁ〜

気がつけば2年過ぎて日本帰ってそうですわ

 

今回はですね

ムードボードから生み出したコンセプトを

ジュエリーに落とし込むための手法

3つ勉強しました!

さっそくいっきまーす!

 

 

前回の授業おさらい

www.ayano-jewelry.com

 

前回の授業で人生初のムードボードを制作、

そこから

 

見た目はフォーマルながら

ファンタジーを内含した

ジュエリー

 

というコンセプトを得ることができました。

 

企画中に迷走しないよう、

スローガン的なキャッチコピー(仮)として

"Takes you to Fantasy"

と仮置きしてみます。

f:id:sinkypooh:20180223043841j:plain

 

さて、ご立派なコンセプトができたものの、

それをジュエリーで体現するにあたり、

もう一段階、言葉の思考のステップが必要なんです。

 

マインドマップで抽象的なコンセプトを具体的にする

ここで登場するのが

マインドマップ

f:id:sinkypooh:20180223061918j:image 

これ昔の生徒さんが作ったという見本なのですが

(字が汚くてほぼ判別不能www)

 

コンセプトになるワードを中心に置いて

(ここではTalisman=お守り)

そこから想起されるワードを

芋づる式に?どんどん広げていくことで

コンセプトをより具体化する手法です。

 

例えば

Talisman(お守り)

→〇〇Function(〇〇機能)※回読不可w

→→Wedding(結婚)

→→→広がらないからストップ

 

Talisman(お守り)

→〇〇Function(〇〇機能)※回読不可w

→→memento mori(死を思え)

→→→hair

→→→skull

 

こうやって連想ゲームをして

ざっくりとしたコンセプトを深掘りし

モチーフ、カタチ、構造、色、

テクスチャー、感情、五感

といったデザインするのに

必要な要素を明確にしていくんです。

 

切り口を増やしていくほど

当初は思いつかなかった

斬新な発想がうまれてくるとか!

 

これ今週の宿題なんで

綾野Verはおいおいお見せしますね^^

 

ムードボードのモチーフを分解、ジュエリーに再構築

 

先ほどのマインドマップによって

ジュエリーを構成する要素を

より具体的に言語化できているはずです。

ex)Hair、Skull

 

ではその言語をビジュアルに

落とし込むにはどうすればいいか。

ここでまたムードボードを使うのですが、

まずはサンプルの絵でトレーニング。

 

f:id:sinkypooh:20180223062004j:image

 

この絵から好きなパーツを

ピックアップしてスケッチします。

(先生は右下の葉っぱを選択)

 f:id:sinkypooh:20180223062044p:image

 

この葉っぱを構成するラインを分解、

ジュエリーにします。

こんな感じ。

 f:id:sinkypooh:20180223062112j:image

 

葉っぱそのままを模写するのではなく

分解して再構成する。

これが

葉っぱからインスピレーションを受ける

ってことなんですね〜。

 

ここまできたらもう

立派なクリエイティブやろ!ドヤ!

 

オーガニックな形状からだけでなく

丸や三角などの基本的な図形を

アレンジしてデザインを生み出す

トレーニングもやりました。

f:id:sinkypooh:20180223062156j:image

 

これと同じことを

ムードボードのビジュアルを使い、

マインドマップであぶりだした

条件にのっとっておこなうのです。

 

もちろん既存のムードボードを使ってもいいし

新たにムードボードを作ってもかまいません。

 

ムードボードからカラーパレットをつくる

 

形状同様に大切なのが色です。

色も感覚で選ぶのではなく

カラーパレットを作っておくことで

ブレることがなくなります。

f:id:sinkypooh:20180223062319j:image

カラーパレットをつくるには

イメージにあう画像から

色をピックアップするのが簡単。

自身がつくりたい雰囲気を再現できます。

 

 

以上がコンセプトを具現化するテクニックでした!

 

さてはて、綾野は
コンセプトから一体どんなジュエリーを
具現化していくのか?
自分が一番想像つかない!
来週乞うご期待✌️
(ハードル上げたw)