脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録

ミュンヘンジュエリーウィーク2018レポ①コンテンポラリージュエリー界最大のコンペ・シュムック編

こんにちわ、綾野です。

 

先日1泊2日の弾丸で

ミュンヘン

ジュエリーウィーク

いってまいりました〜!

www.munichjewelleryweek.com

 

ミュンヘンジュエリーウィークとは

毎年3月に行われる芸術祭で

約100ものコンテンポラリージュエリーの展示

ミュンヘンに集結する

お祭りでございます!

f:id:sinkypooh:20180312203256j:image

 

こちら公式のマップ

f:id:sinkypooh:20180312113850p:plain

ミュンヘンは日本でいうと金沢のような

文化が充実している小都市といった風情。

 

そんなあまり大きくない街に

コンテンポラリージュエリーの展示が乱立(赤丸部分)、

まさに

犬も歩けばジュエリーに当たる状態。

 

わたくし芸術祭的なものには

初めて参加したのですが

とーーーっても楽しかったっ!!

 

シュムック見たい!

という以外何も下調べせず

ミュンヘンに行ったのですが

 

現地で出逢った日本人ジュエラーさんに

オススメの展示を教えてもらったり

 

たまたま通りがかったギャラリーで

めちゃめちゃツボな作品と出逢えたり

 

こういう出逢いが

芸術祭の楽しみなんだなーと

知ることができました!

 

ということで2回に分けて

現地の様子をお届けしたいと思います^^

 

 

Schmuck(シュムック)ってなんぞ??

Schmuck(シュムック)とは

ジュエリーの中でも

素材にこだわらず表現を追求する

コンテンポラリージュエリーという分野の

世界最大のコンペティション。

www.hwk-muenchen.de

 

コンテンポラリージュエリーは

アートジュエリーとも言われますが

社会性や政治性のあるメッセージが

込められていたりと

ジュエリーというよりも

"身につけられるアート"

という方がしっくりきます。

 

ファインジュエリーに

コスチュームジュエリー、

アンティークジュエリーに

コンテンポラリージュエリー・・・

それぞれ魅力があって

 

ジュエリー沼

深いわ〜😭

 

1959年から始まった歴史あるコンペ、

今年は65ヶ国912人の応募があり

そのうち21ヶ国65人の

アーティストが受賞しました。

 

審査員は一人というのもシュムックの特徴で

今年はロンドン出身、

ロイヤルアートオブカレッジの

ジュエリー科のヘッドを10年以上勤め

現在はドイツの美大のヘッドである

Hans Stofer氏が審査。

 

www.galleryso.com

 

“What amazed me again and again as I looked at

the submitted portfolios spread on the table

and each individual portfolio that I picked up was

the endless diversity of jewellery-making presented,”

 

Hans氏は選考過程を以上のようにコメントしています。

 

審査基準となるステートメントは

カタログに書いてあるそうですが

現金持ってなくて買いそびれた!

それが肝心なのに・・・アホすぎる

取り寄せます・・・!

 

※ちなみにSchmuckはドイツ語で宝石です。

ミュンヘンは英語でMunich(ムニュック)、

ドイツ語ではMünchen、

日本語はドイツ語に忠実になってるんですねー。

 

シュムックの展示会場はこんなところ

 

ミュンヘンについて早々、向かった先は

Messe München

(ミュンヘンメッセ)

f:id:sinkypooh:20180312203400j:image

 

東京ビックサイトのようなこちらで

大規模なハンドメイドの国際展示会

Internationale Handwerksmesse が行われており

(これはジュエリーウィークとは別物)

f:id:sinkypooh:20180312203520j:image

www.ihm-handwerk-design.com

シュムックの入選作品の展示はその一部。

 

ミュンヘンの空港からは

電車とバスで小一時間でつきます。

ミュンヘンの中心地からは

電車で20〜30分くらいですかね。

 

会場にはガラスに革にと

ありとあらゆるハンドメイド作品のブースが!

(到着した時は会場間違ったかと思った・・・笑)

f:id:sinkypooh:20180312203601j:image

f:id:sinkypooh:20180312203640j:image  

パフォーマンスコーナーには
日本から鍛金や和紙の作家さんが
招待され会場で作品を作られていました!

(主催からお声がかかるんですって、すごい)

f:id:sinkypooh:20180312203816j:image

f:id:sinkypooh:20180312203714j:image

金工作家さんはこちらの方

www.koichi-io.com

 

こちらの会場にいた

先輩ジュエリー作家の方に

ミュンヘンジュエリーウィークの

オススメの展示を伺うことができました^^

www.marikosumioka.com

 

住岡真理子さんという作家さんで

青山で彫金を教えられてもいるみたいです。

www.aokinschool.com

 

身につけられていたジュエリー、

とっても素敵だったー!

そして美人さんだった・・・

親切に教えていただいてありがとうございます!

(ブログでお礼・笑)

 

Scumuchのブースはこんな感じ

本当にここで合ってるよね?と

半信半疑でしたので

シュムックのブースに到着した時は一安心w

 

だだっ広い会場の中の

ほんと一区画って感じでした。

f:id:sinkypooh:20180312204007j:image

 

残念ながら作品の写真はNG!

ですがこちらのサイトに

鮮明な写真が載っていますので

ご覧ください。

klimt02.net

 

ちゃんとした中身の解説は

カタログをゲットしてから書きますね・・・

ちょっと私の生半可な知識では語れない・・・

 

シュムック以外にもアートジュエリー作家さんたちのブースが!

このInternational Crafts and Trades Fairには

シュムック以外にも

多数のアートジュエリーギャラリーや

作家さんが出展していて

とってもエネルギーに溢れてました!

f:id:sinkypooh:20180312204225j:image

 

美大の同級生で集まったという展示

f:id:sinkypooh:20180312204138j:image

f:id:sinkypooh:20180312204258j:image

このかわい子ちゃんの作家さん

とってもいい方だった〜!

これ靴紐に挟むんですよ!

歩くのが楽しくなりますね〜

 

他にもエネルギーびんびんにでている

パワフルな作品がいっぱい!

f:id:sinkypooh:20180312204426j:image

f:id:sinkypooh:20180312204326j:image

f:id:sinkypooh:20180312204459j:image

 

以上シュムック編をお届けしました!

写真NGの展示が多くって

写真少なめでごめんなさい!

 

次回、アートジュエリーギャラリー巡り編では

お写真たっぷりでお届けしたいと思います!