脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録

弾丸パリ旅Part2③パリ装飾芸術美術館でアンティークからアートまで広大なジュエリーの世界を堪能する!

 

こんにちわ、綾野です。

パリ旅のレポを続けます^^

 

今回はこちら!

Musee des Arts Decoratifs

/パリ装飾芸術美術館

MAD Paris - Site officiel

f:id:sinkypooh:20180430090147j:plain

古代から現代までの工芸品を集めた

パリ版ヴィクトリア&アルバート美術館。

(どっちか本家か知りませんが笑)

f:id:sinkypooh:20180430091347j:plain

f:id:sinkypooh:20180430091434j:plain

f:id:sinkypooh:20180430091558j:plain

 

ジュエリーに関する企画展+常設展があり

今回の旅のメインでございました^^

早速ご紹介します♬

 

 

企画展:近現代のアーティストによるジュエリー展

f:id:sinkypooh:20180430090403j:plain

De Calder à Koons, bijoux d’artistes. La collection idéale de Diane Venet

 

 

パリのアートコレクター/ディアーヌ・ヴェネ

200点をこえるアートジュエリーの

プライベートコレクションを展示。

 

ダリのジュエリー目当てだったのですが

ダリは2点ほどしかなく

とにかくほかのアーティストの

作品の多さに圧倒されました。

こんなにジュエリーをつくる

アーティストがいたんだなーという感じ。

 

彼女のジュエリー観が

日本人からするととてもびっくりです。

「宝石は好きになったためしがないの。

個性がなさすぎるから」

とディアーヌは言う。

「よく広告にあるように、

若い女の子はみんなダイヤモンドのついた

エンゲージリングを夢見るけれど、

ダイヤモンドはただの金銭的な存在でしょう?」

「多かれ少なかれ」と彼女はつけ加えた。

「宝石はみんな同じ。だけどアートは

まさに特別なものなんです」

 

鉱物クラスタの方々から

総スカンくらいそうなコメントですが笑

 

私は日本の「石が命!」というジュエリー観に

ちょっと違和感を感じるというか

人間のクリエイティビティや

クラフトマンシップにも

もっと価値を置いてもいいのでは

と思うので

彼女が言わんとしていることは

ちょっと理解できたりするのです。

(もちろん石も大好きですが!!)

 

※日本語でのインタビュー記事はこちら

ジュエリー界隈の方は

視野を広げるという意味で一読の価値ありです!

www.tjapan.jp

 

と偉そうなことを言いながら

正直言ってこの展示、

いまの私ではあまり楽しめませんでした。。。

それはひとえに

コンテンポラリーアートについて

知らなすぎるから。

 

 

でもわからないんだったら

今から勉強すればいいだけ!

ということでこれを機に

心に引っかかったジュエリーの

アーティストについて調べてみましたよ〜

 

展示されていたジュエリーと

勉強になったサイトをはっつけるので

気になる作家さんがいれば

チェケラしてみてください!

 

アレクサンダー・カルダー

f:id:sinkypooh:20180430141213j:plain

アメリカの彫刻家で

モビールの発明により

彫刻作品に「動き」を取りれたことが有名。

1,800点のジュエリーを制作。

アレクサンダー・カルダー/Alexander Calder作品画像コレクション - NAVER まとめ

 

 

ジャン・コクトー

f:id:sinkypooh:20180430141649j:plain

詩人として知られるがイラストなど多才。

ジャン・コクトー - Wikipedia

 

マックス・エルンスト

f:id:sinkypooh:20180430142521j:plain

シュルレアリスムの代表的な画家の一人。

3分でわかるマックス・エルンスト(2) コラージュ、フロッタージュなどを開発し、幻視を表現したエルンストの生涯と作品 : ノラの絵画の時間

 

ニキ・ド・サンファル

f:id:sinkypooh:20180430141039j:plain

f:id:sinkypooh:20180430141100j:plain

フランスの画家、彫刻家。

太った女性のナナシリーズが有名。

Niki Museum Gallery / ニキ・ミュージアム・ギャラリー

 

フランク・ステラ

f:id:sinkypooh:20180430142158j:plain

f:id:sinkypooh:20180430142212j:plain

ミニマリズムの提唱者

フランク・ステラが生み出した、ミニマリズムに基づく芸術たち - ログミー

 

 

ジョルジュ・ブラック

f:id:sinkypooh:20180430141307j:plain

f:id:sinkypooh:20180430141321j:plain

キュビズムの創始者

ジョルジュ・ブラック - Wikipedia

 

パブロ・レイノーソ

f:id:sinkypooh:20180430143356j:plain

ジバンシィの化粧品など

工業デザイナーとしても有名なアーティスト。

Pablo Reinoso - Art

パブロ・レイノソ | ファーレ立川アート

 

ローウェル・ブレア・ネスビット

 

f:id:sinkypooh:20180430144006j:plain

画家、ステンドグラス作者、彫刻家

Lowell Blair Nesbitt - Wikipedia

 

ルイーズ・ブルジョワ

f:id:sinkypooh:20180430161016j:plain

蜘蛛の彫刻Mamanが有名

(六本木ヒルズにあるもの)

ルイーズ・ブルジョワ - Wikipedia

 

オノ・ヨーコさんのリングもありましたよ!

さすが。

f:id:sinkypooh:20180430183556j:image

 

他にもとにかくたっくさんの

アーティスト作品がありました。

これはほんの一部。

日々勉強やなー

 

常設展:galerie de bijoux

f:id:sinkypooh:20180430091245j:plain

 

先ほどの企画展とうって変わってこちらは

中世から現代まで約1,200点の

王道ジュエリーを集めた常設コーナー!

madparis.fr

※オンライン図録はなさそうなのですが

⇧のサイトに綺麗な写真いっぱい載ってます^^

 

V&A博物館と比べて規模は劣るものの

アール・ヌーヴォージュエリーが充実しているのと

ヴァンクリやJARなど現代も活躍するジュエラーの

作品も多数置かれてるのが魅力だと思いました。

 

アールヌーヴォーは、

ルネ・ラリックはもとい、

f:id:sinkypooh:20180430110439j:plain

(このファイヤーオパール、

夕焼けみたい!最高!)

f:id:sinkypooh:20180430110506j:plain

f:id:sinkypooh:20180430140102j:plain

ジョルジュ・フーケルシアン・ガイヤール

ヴェヴェールのジュエリーが満載!

f:id:sinkypooh:20180430110559j:plain

f:id:sinkypooh:20180430110638j:plain

 

現在活躍中のジュエラーの作品も

たくさん見られて素敵でした!

JAR

f:id:sinkypooh:20180430120018j:plain

マリーエレーヌ ドゥ タイヤック

f:id:sinkypooh:20180430115930j:plain

ヴァンクリ

f:id:sinkypooh:20180430121805j:plain

f:id:sinkypooh:20180430135910j:plain

ロバート・グーセンス

 

f:id:sinkypooh:20180430122219j:plain

 

他にも素敵なジュエリーがいっぱい^^

f:id:sinkypooh:20180430140332j:plain

f:id:sinkypooh:20180430140354j:plain

こちらは中国の羽ジュエリー

素敵だ・・・

f:id:sinkypooh:20180430140317j:plain

日本の櫛にフォーカスしたコーナーも!

f:id:sinkypooh:20180430140415j:plain

 

どの美術館に行っても

ジャパンコーナーがあるのは

嬉しいものですね^^

 

以上で綾野のレポは終わりますが

まだまだ見たい!という方!

こちらのブログ記事に

写真がたくさん載っていましたよ〜!

chavanitas.blogspot.co.uk

 

こちらはMAD公式のジュエリーの歴史を紹介したページ。

Une histoire du bijou

 

眼福ジュエリーの旅をお楽しみください💜

 

 

 

 

ちょっとここからは

自分用のメモ⇩⇩

勉強不足で注目すべきところを

チェックできていなかったので

もう一度行く・・・!

 

アールデコ〜1930年代

レイモンド・テンプラー

ジャン・デプレ

ジャン・フーケ

ブシュロンにカルティエも。

 

1940年

リーン・ヴォートラン

アルバート・デュラズ(Albert Duraz)

 

1960年代以降

ジョージ・ジェンセンのデザイナーだったトールン

フランチコンテンポラリージュエリーの

第一人者ジャン・ディン・ヴァン

インダストリーデザイナーのエットレ・ソットサス

Costanza

Henri Gargat

Gilles Jonemann

 

 

 

 

芸術家のジュエリー

セザール・バルダッチーニ

フランスの彫刻家、現代美術家。

自分の指を拡大した巨大な親指が有名。

2017/12/21 セザール展 Exposition César|  ―Les Secrets LADUREE par INTERMODE KAWABE―

 

パナジオティス・ヴァシラキス

ギリシャの彫刻家、通称タキス

磁石を使ったアートが有名

 

アルナルド・ポモドーロ

イタリアの彫刻家

故郷の職人から金銀細工を学んだ後

一貫したスタイルの球状彫像をいくつも鋳造

 

ジョージ・ブレイク Georges Braque

アンリ・ローレンズ Henri Laurens

ジャン・ルルサット Jean Lurçat

クロード・レヴェック Claude Lévêque

光や写真を使ったノスタルジックな作品

JEAN-LUC MOULÈNE ガラス