脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録 ただいまロンドンにてワーホリ中!

弾丸ポルトガル・リスボン旅②グルベンキアン美術館でルネ・ラリック三昧!編

こんにちは、綾野です。

 

弾丸リスボン旅レポ第2弾、今回は

グルベンキアン美術館をご紹介します〜!

(本記事が長くなっちゃので

全2回のつもりでしたが全3回に変更。笑)

 

ルネラリックファン必見の内容となってますので

お見逃しなく^^

 

 

※ツイートを多数貼りますので

スマホで見てくださいね!

 

グルベンキアン美術館って?

f:id:sinkypooh:20180612045830j:plain

https://gulbenkian.pt/museu/

トルコ生まれのアルメニア人で

亡命した石油王グルベンキアン氏の

古代〜近代までの

膨大なコレクションを展示した美術館。

企画展は現代アートを扱うなど

幅広い年代の美術や工芸に触れることができます。

 

敷地内は美しい庭園になっていて

植物や動物もたくさん。

f:id:sinkypooh:20180612054419j:plain

地元民の憩いの場ですね^^

 

ルネ・ラリックコレクションが超充実

この美術館、なんと!

ルネ・ラリックの

コレクションがすごい

のです。

f:id:sinkypooh:20180612045709j:plain

ルネ・ラリック専用ルーム

全体像、写真撮ればよかった・・・

 

ジュエリーからガラス器まで貯蔵数は約145点

展示されているものでも

50作品くらいはあったんじゃなかろうか。

 

生前のグルベンキアン氏は

ルネ・ラリック本人と親交があったとか。

羨ましい話や・・・お会いしてみたい・・・

 

当展示の1番の目玉といえば

蜻蛉の精でしょう。

f:id:sinkypooh:20180612050819j:plain

美しい・・・

今にも目を開けて飛び出しそうなリアルさ。

 

飛び出しそうといえばこちらも

f:id:sinkypooh:20180612051243j:plain

蛇なのに優美・・・なぜ・・・

 

デザイン画もたくさんあって

これが

f:id:sinkypooh:20180612051048j:plain

これにf:id:sinkypooh:20180612051108j:plain

 

これが

f:id:sinkypooh:20180612051522j:plain

これに

f:id:sinkypooh:20180612051509j:plain

 

うっとり・・・原画欲しい・・

 

石使いも見事です

f:id:sinkypooh:20180612052215j:plain

 

私あんまりカメオとか

人の顔が入ったものは

琴線に触れないのですが(too realで)

ラリック様のはなんかもう人じゃない・・

神か妖精の類・・・

f:id:sinkypooh:20180612052710j:plain

これすごい好き、躍動感

f:id:sinkypooh:20180612053020j:plain

 

 

ガラス器も素敵!

f:id:sinkypooh:20180612053545j:plain

f:id:sinkypooh:20180612054818j:plain



もうこの部屋住める!笑

こちらのオンラインコレクションに

作品がバーっと紹介されていますので

もっと見たいよって方はどうぞ^^

Founder's Collection Arquivo | Museu Calouste Gulbenkian

 

その他お気に入り作品

あとは脈絡なく

素敵な作品を貼っていきます^^

 

まずは常設展より。

 

アールデコの彫刻家、

アルフレッド・ジャニオの女神たち

Spring: Homage to Jean Goujon | Museu Calouste Gulbenkian

f:id:sinkypooh:20180612055308j:plain

女性の彫刻は多数あれど

この方だけのオリジナリティを感じる表情。

アールデコの彫刻家だけに

装飾性を担保したデザインが素敵。

 

モネによるモネ夫人

f:id:sinkypooh:20180612060121j:plain

対象への愛に溢れている気がする・・・

素敵やな〜って思うとモネさん率高すぎる!

私もモネに描いてもらいたいw

 

ジョン・シンガー・サージェントの

柳の下のパントで眠る母と子

f:id:sinkypooh:20180612060139j:plain

テートブリテンのランタンが素敵だったアメリカ人画家。

日常の絶妙に美しい一瞬を切り取るのが上手いですね。

 

小物入れはロマン

f:id:sinkypooh:20180612055201j:plain

これ携帯カトラリーかな?

エナメル見事です

f:id:sinkypooh:20180612055146j:plain

f:id:sinkypooh:20180612055223j:plain

 

家具も素敵でしたよ〜

f:id:sinkypooh:20180612061429j:plain

 

企画展Post-Popより。

1965-75年のイギリスとポルトガルのポップアートを展示。

gulbenkian.pt

背景と調和した現代アート

f:id:sinkypooh:20180612060750j:plain

お、って立ち止まっちゃいますね。

 

イギリスのポップアートを代表する

アレン・ジョーンズの作品

アレン ジョーンズとは - コトバンク

なんかエロいと思ったら

男性の視姦的エロチズムが特徴なんですって。

f:id:sinkypooh:20180612060833j:plain

f:id:sinkypooh:20180612061223j:plain

 

 

以上でグルベンキアン美術館レポを終わります!

次回は他のリスボンジュエリーを紹介しますよー!