脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録

偏愛爆発!ロンドンはハウスミュージアムが楽しすぎる❤️ウィリアム・モリス・ギャラリーなど

f:id:sinkypooh:20181030084319j:image

こんにちは、綾野です。

 

まだしばらくロンドンのお話を書きたいと思います☺️

書き切れていないことたくさんあるんですー!

 

今日はロンドンにある

ハウスミュージアム(=邸宅美術館)

を3つご紹介します。

 

ハウスミュージアムとは

元は個人のお宅だった建物を

美術館や博物館として解放しているもので

有名どころはウォレス・コレクション!

 

大英博物館など大きな有名どころもいいのですが

リッチなオタクが集めたコレクションを

そのオタクのおうちに飾って愛でるという、

偏愛爆発な個性豊かさ

ハウスミュージアムの魅力!

 

ヲタクやるなら博物館まで

 

我がブログの家訓だよ!

(そろそろ浸透してきたかな?笑)

 

それではさっそくいってみましょう☺️

 

 

ウィリアム・モリス・ギャラリー

まずはライトなところから。

(後半になるにつれ段々ヘヴィにw)

 

アーツ・アンド・クラフツ運動の主導者であり

テキスタイルで有名な

ウィリアム・モリス

幼少期を過ごした家が

彼の生涯を辿る博物館となっています。

f:id:sinkypooh:20181030082505j:image

www.wmgallery.org.uk

 

内装もモリス❤️
f:id:sinkypooh:20181030082447j:image

 

モリスといえばのイチゴ泥棒

(このネーミング最高!)

f:id:sinkypooh:20181101000021j:image

他にも彼がデザインしたテキスタイルが

時系列で紹介されていました。

 

f:id:sinkypooh:20181101082830j:image
f:id:sinkypooh:20181101082837j:image
f:id:sinkypooh:20181101082758j:image

 

素敵なチェア フッカフカ!
f:id:sinkypooh:20181101082811j:image

 

こちらはモリスも出展していたロンドン万博の様子

初めてみたー 華やか!

タイムスリップしたい
f:id:sinkypooh:20181101082753j:image

イラストレーターでもあった彼

挿絵、素敵ですね
f:id:sinkypooh:20181101082817j:image

モリスデザインのステンドグラス

絵が描けるとなんでもつくれるな
f:id:sinkypooh:20181101082721j:image

 

アーツ・アンド・クラフツを紹介するコーナーもありました。
f:id:sinkypooh:20181101082725j:image
f:id:sinkypooh:20181101082742j:image
f:id:sinkypooh:20181101082803j:image

 

美を生活の根底に採り込むことで生活の質が向上すること、そして美は民衆に膾炙(広く知れ渡る)すべきということ。

 

世にはびこる大量生産の粗悪品に対し、

中世の手仕事にこだわり

生活と芸術を一体化させることを主張したモリス。

 

手仕事にこだわった結果高額になってしまい

富裕層しか買えなかったという矛盾ははらみつつ、

富裕層だけでなく、

民衆に目を向けていたことに好感をもてます。

 

外にはモリスのテキスタイルに使われた植物を植えたお庭があるんです!

f:id:sinkypooh:20181030084110j:image

もうモリスの絵に見えてしまいますね
f:id:sinkypooh:20181030084120j:image
f:id:sinkypooh:20181030082457j:image

美しいガーデンを見ながら優雅にお茶もできます☺️
f:id:sinkypooh:20181030082452j:image

 

ここでモリスに関連するジュエリーを差し込んでおく💓

 

モリスの妻、ジェーンのジュエリー

 

モリスの娘さん、メイ・モリスもジュエラー

 

彼の主義はアール・ヌーヴォー、

ウィーン分離派、ユーゲント・シュテールなど

ヨーロッパ各地に派生し

ジュエリー含めた素晴らしい工芸を生み出しました。

わたしも大好きな時代❤️

 

ロンドンの中心部からは

少し離れた場所にあるのですが

その分穏やかな空気が漂っています。

 

モリスの思考を体験しに行かれてはいかがでしょうか?😺

 

レイトン・ハウス・ミュージアム

f:id:sinkypooh:20181031231554j:image

https://www.rbkc.gov.uk/subsites/museums/leightonhousemuseum1.aspx

 

ケンジントン・ハイストリートという

セレブなエリアにあるこちらの博物館は

ヴィクトリアン期に活躍した画家

フレデリック・レイトン

の私邸を改造したもの。

 

もともと裕福な家庭に生まれ

芸術家としても成功したレイトン氏、

ご自宅、豪華絢爛すぎるでありまする

 

こちらアラブホールと呼ばれるお部屋なのですが

オリエンタル〜〜〜最高〜〜〜〜〜〜

ピーコック〜〜〜好きすぎる〜〜〜〜〜


f:id:sinkypooh:20181031231542j:image

唯美主義(美しいこと最優先!

思想やメッセージなどどうでもいい!って人)な

レイトン氏だけあって

とにかく“美”を追求した素晴らしいインテリア、

芸術コレクションが圧巻なのです。

 

残念ながら館内は撮影NG・・・

(上図はポスターを撮影w)

 

ですがYouTubeに素敵な公式動画がございました!


Leighton House Museum. Visit a Private Palace of Art

 

レイトン氏、25歳の時に

ヴィクトリア女王に絵画を買われるなど

ゴイスーな方なのでご一読をば。

※こちらの記事に

レイトン・ハウス・ミュージアム内部の

写真も掲載されています。

www.japanjournals.com

 

自分の寝室だけはすごい質素・・・

イケメンで社交界の花だったのに生涯独身。

不思議ちゃんや

 

サー・ジョン・ソーンズ美術館

f:id:sinkypooh:20181104221146j:plain 

https://www.soane.org

 

今回ご紹介する中で

最もディープなこちらの博物館。

家主様は新古典主義の建築家

ジョン・ソーンズ氏。

 

一歩入るとそこは、彼にしか生み出せない

奇々怪界な雰囲気・・・迷宮と皆が呼ぶのも納得です。

 

f:id:sinkypooh:20181104221616j:plain

こんな空間が延々と続くというトンチキ加減。

オブジェの数なんと45,000個。

ええ、変態ですね。

一歩間違えればお化け屋敷です。

 

ちなみに我がブログの格言、

オタクやるなら博物館まで

はこちらで生まれました。笑

 

 

中にはこんな素敵な絵画もありました。

f:id:sinkypooh:20181104222039j:plain

 

レンガ工の息子として生まれながら

自分の才と努力で道を切り開いたジョン・ソーン卿。

ご興味持たれた方はこちらの記事オススメです!

www.japanjournals.com

 

 

ということでロンドンの

個性派ハウスミュージアムのご紹介でした!

こういう美術館が充実しているのが

ロンドンの素敵なところだよなぁ

 

次回もロンドンの素敵な場所を

ご紹介しようと思っています^^