脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

駆け出しジュエラーの成長記録

L'ÉCOLE(レコール)イブニングカンバセーション@東京 レポ

こんにちは、綾野です。

 

先ほどヴァンクリがスポンサードしている

L'ÉCOLE(レコール)

ジュエリーと宝飾芸術の学校

のイブニングカンバセーションに

参加してきました〜!

f:id:sinkypooh:20190113182308j:image

 

2月に行われる日本特別講座のプレイベント

https://www.lecolevancleefarpels.com/ja/lecole-abroad/lecole-tokyo

本講座めちゃめちゃ楽しそう。。。

いいなぁ

 

目指せ最早レポ!笑 ということで

講演の内容をお届けしたいと思います😊

 

 

カンバセーションテーマと講師

今回の会場は

アール・デコ展が開催されている

東京都庭園美術館にあるレストラン

f:id:sinkypooh:20190113181859j:image

 

ということもあってかテーマは

「アール・デコ時代を構築したさまざまな芸術的要素」

 

アール・デコジュエリーといえば

直線的

幾何学的(ジオメトリック)

バイカラー

が特徴です。

f:id:sinkypooh:20190113182845j:image
f:id:sinkypooh:20190113182849j:image

このような流行がどのようにして

生まれたのかにせまる内容でした。

 

なんとなーく

キュビズム(ピカソなど)の影響かと

思っていましたが今回の講座でより深掘りできましたよっ

 

講師はフェリス女学院大学の准教授

朝倉三枝さん(めちゃめちゃお綺麗で驚いた。。)と

レコール講師のポール・パラディ氏。

 

パラディ氏はフランス語でお話しされましたが

同時通訳イヤホン付き。

 

ちなみに会場ではシャンパンや

金柑のミモザ(!?)、ハンドフードなど

素敵な演出がされていました!

さすがヴァンクリ様。

f:id:sinkypooh:20190113183521j:image

 

では講演の中身をお届けです〜!

 

1925年パリ万博で展示されたインテリアがアール・デコの起点

アール・デコの起点として

1925年のパリ万博が重要な役割を

果たしているとのことで

そこで展示されたインテリアが

最初に紹介されました。

f:id:sinkypooh:20190113183640j:image

建築って長く使われるものだから

未来を予測してデザインされるため

あらゆる芸術の先駆者なんですって。

 

そいやムッシュディオールも建築に造詣ふかかったな

ムーブメントの最初は建築!なのですね。
f:id:sinkypooh:20190113183648j:image

こちら壁〜天井すべて漆だそう。

漆は光沢感がモダンとされ

この時期とても人気だったそうです。


f:id:sinkypooh:20190113183659j:image

あれ、ここにある彫刻、

グルベンキアンで見たこの美女っぽい

f:id:sinkypooh:20190113184618j:image

こういうの嬉しいですね


f:id:sinkypooh:20190113183654j:image

エレガントな机。脚の曲線美!

意外に直線的ばかりでもないのですね。

 

講師の方がアール・デコは

①モダンなデザインを追求

②職人の技巧を生かす

の2派にわかれると考えられると

おっしゃっていて納得でした。

 

パリ万博におけるファッションとジュエリー

先述のパリ万博には

エレガンス館なるものがあり

ファッションやジュエリーが展示されていました。

 

f:id:sinkypooh:20190113185140j:image

パリのクチュールメゾンの中で最も古い

ジャンヌ・ランバンのドレス。

当時の流行を体現しています。

ジャンヌ・ランバンはこの万博で

モード部門の委員長を務めました。

(副委員長はポールポワレ)

 

ベルエポックのSラインに対し

直線的なラインで女性を解放しながら

シンプルなシャネルとは違った

ロマンチックで繊細な装飾が特徴。

 

こんなドレスにショートカットが

モダンなスタイルでした👗

 

そしてジュエリー!

150ものジュエリーが展示されたそう。
f:id:sinkypooh:20190113185206j:image

インドより輸入したエメラルドを使った

カルティエのショルダーネックレス

いったん紛失後2009年にクリスティーズに出品され

7億9千万ドルで落札だったとか。

 

f:id:sinkypooh:20190113185218j:image

「電気と水」がテーマだったため

噴水⛲️は最適なモチーフ

左のラリックのガラス噴水は

15m17階だて、125個のニンフのガラス彫刻が使われている傑作。

 

右のティアラはモーブッサン。

左右対称な幾何学模様で

噴水を美しく表現しています。

これ一番ぐっときたわ。。。

 

他にもこんなジュエリーが。
f:id:sinkypooh:20190113185155j:image

左は中国演劇のマスク、

真ん中はロシアバレエのコスチュームから

インスパイアされています。

 

エキゾチズムと電気などの最新技術が

アール・デコ様式のソースなんですね。

 

社会的なできごとがジュエリーデザインに影響を与える

1925年のパリ万博に続き

1931年には植民地展覧会が開催され

(すごいネーミングやな)

当時ヨーロッパの植民地だった

アフリカやアジアの産業や芸術が

紹介されました。

 

この影響でアフリカ趣味、中国趣味の

工芸がつくられていきます。
f:id:sinkypooh:20190113185150j:image

実はピカソのアヴィニヨンの娘たちも

アフリカのお面からインスパイアされたそう!

(1907年と少し前、キュビズムの元となった)

アフリカンアート、すごし。

f:id:sinkypooh:20190113191152j:image

 

1922年のツタンカーメンの墓発見で

エジプト趣味も再来。
f:id:sinkypooh:20190113185236j:image
f:id:sinkypooh:20190113185228j:image

社会的なできごとは

アートの母なのですね。

 

漆芸家 ジャン・デュナン

講座の最後はアール・デコ期を代表する

インテリアデザイナーであり漆芸家の

ジャン・デュナン

焦点が当てられていました。

 

初期は彫刻家を目指していましたが

パリに滞在していた

日本人漆芸家菅原精造氏に学び

漆を扱うようになります。
f:id:sinkypooh:20190113185201j:image

彼による屏風と壺。屏風かっこよすぎる。

 

ちなみに当時のファッション誌には

背景に屏風がよく使われたそうですが

f:id:sinkypooh:20190113192227j:image

当時の直線的なドレスを際立たせるのに

効果的だったからだそうです。

 

そんな彼をモードの世界に引き入れた

帽子デザイナー マダム・アニエス。
f:id:sinkypooh:20190113185126j:image

二人の初作品。
f:id:sinkypooh:20190113185232j:image

フェルトに漆を塗り、

卵殻技法で白色をつけるなど

新しい技法を生み出しました。

f:id:sinkypooh:20190113185210j:image

斬新な帽子たち。

2人の作品は、帽子をアートに引き上げたと言われています。

 

デュナン氏のモードへの関わりは

帽子に留まらずテキスタイルにも。

 

たまたま漆を塗った筆を布で拭いた時に

布がよき光沢とはりになったことから

漆布を開発したそう。すごいな。
f:id:sinkypooh:20190113185147j:image

漆のワンピース。

マダム・アニエスが着ています。

バックは屏風ですね。
f:id:sinkypooh:20190113185130j:image

 

そして漆ジュエリーまで!!

f:id:sinkypooh:20190113185213j:image

日本の伝統技術・漆と

アフリカ風のデザインが組み合わされ

新しい表現=モダンに昇華されています。

f:id:sinkypooh:20190113192515j:image

デュラン氏の作風にみられるように

アール・デコとは

アジアやアフリカなど

非ヨーロッパ文化の要素が

重なって生まれた新しい表現

と言えるのですねぇ。

 

個人的な感想

デュラン氏の制作エピソードをきいていて

新しいものを生み出すには

哲学、美意識に加えて

必要

という発見がありました。

 

哲学と美意識を有していても

それをアウトプットする手段がなければ

表現には至らない。

 

わたしも考えるだけでなく技を磨かねばな!

ということでレポを終わります。

 

今年もつくるぞ〜!!!!!

f:id:sinkypooh:20190113193700j:image