脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

ベルギー・アントワープからお届けするジュエラー綾野の日々の記録

ピアスはメイク、ネックレスは手紙、リングはお守り

こんにちは、綾野です。

 

昨日アジアソサエティという

アジアのアートを専門に扱う美術館の

イベントにお邪魔したのですが

New York | Asia Society

司会の女性のジュエリーが舞台映えしていて

その女性をより一層引き立てていました。

 

その女性を見ながら改めて

ジュエリーの役割について考えていました。

 

ジュエリーというと、

ピアス・ネックレス・リングが

メインになると思うのですが

それぞれ担う役割が異なると思うのです。

 

ピアスはメイク、ネックレスは手紙、リングはお守り

 

まずピアス。

最も顔に近いピアスはもはやメイク。

目元を艶めかせるアイシャドーや

口元を彩るリップのように

表情にきらめきを与えたり

ファンデーションやハイライトのように

気になるところから目線をずらしたり。

身につける人を美しく見せることを最優先に考慮すべき。

f:id:sinkypooh:20210405223357j:plain


 

ネックレスは手紙。

 

人から最も見られるネックレスは

どんな自分でいたいかを伝える手紙のようなもの。

センスの良さを醸し出しながら

その人らしさが表現できているものがいい。

最もファッションに近いジュエリーと言える。

 

 

そしてリング。

最もパーソナルなもの。

なぜなら唯一自分が直接見ることができるから。

 

婚約や結婚の証が指輪なのも

ふとしたときに目に入るという理由もあると思う。

f:id:sinkypooh:20210405223528j:plain


 

リングは人からどう見られるか気にせず

自分のためだけにつけて欲しい。

自身の願いや誓いを込めたお守りとして。

Engagement Ringならぬ

Encouragement Ringなんて素敵。